So-net無料ブログ作成

土鍋のニオイや黒ずみはカビ?汚れ?使用後のお手入れの仕方と新品の土鍋でやっておくべき下準備とは!! [生活]

寒くなってくるとあつあつのお鍋食べたくなりますよね。

久しぶりにしまっておいた土鍋を出してみたら
なんだか変なにおいがしていたり
何となくカビのような汚れがあったり・・・・・

皆さんもそんな経験はないでしょうか?

今回は土鍋のお手入れと新品の土鍋を長く使える
ようにするテクニックを伝授します。


スポンサードリンク





土鍋は使えば使うほど独特の細かいヒビに
色が入り、味わいの増すところが土鍋の特徴です。
この細かいヒビ状のものを貫入といいます。

貫入とは陶器を焼く際に、陶土と釉薬(ゆうやく)の
収縮率により表面にできます。

毎回使用するたびに貫入特有の変化を見るのも
土鍋を楽しむ事のひとつです。



土鍋.jpg



●土鍋のお手入れの仕方

1. 土鍋が冷めている状態でスポンジに
  食器用中性洗剤をつけてよく洗います。

【注意点】
 金属たわし・磨き粉などは使用しないでください。

 またシミが気になる場合、台所用の漂白剤を
 使用するときれいにはなりますが
 ニオイ移りや異臭の原因となりますので
 使用には注意が必要です。

 焦げ付きのひどい場合は、熱湯に浸し焦げ付きを
 柔らかくしてから取り除きます。


2. 洗浄後は風通しの良い場所でよく乾燥させてください。
   乾燥が不十分な場合カビの原因になります。

カビ .jpg


3. その他注意したいこと
  ・長期保管する場合はカビを防止するため蓋を
   はずして保管しましょう。

  ・鍋の中に具材、だし、水分を長時間放置すると
   カビ、ニオイ移りの原因となります。

  ・酸味、油分、酒類など強い食品を鍋に入れ
  使用すると貫入に浸透しシミや異臭さらには
  べとつきの原因にもなります。
  よく洗い乾燥をしっかりさせます。
   

台所.jpg


スポンサードリンク






●新品の土鍋を使用する前の準備について

 購入したばかりの土鍋ですぐに調理することはNGです。

 土鍋の特性として吸水性があり、この吸水性は
 ニオイや汚れ、いやーなカビの原因にもなります。

 下記の処理を行うことで汚れ・匂い・カビを
 防ぎ長く土鍋を使えるようになりますので
 是非試してみてください。


1. 鍋の八分目程度にお水を入れ沸騰させます。

2. 沸騰後弱火にし水で溶いた小麦粉をいれ
   よくかき混ぜます。

小麦粉.jpg

 小麦粉の量は下記を目安に入れてくださいね。

  5.6号鍋  大さじ0.5杯 
    8号鍋  大さじ2杯  
    9号鍋  大さじ3杯  
   10号鍋  大さじ4杯

計量スプーン.jpg

3. 弱火のまま5分程度煮たあとに
   火を止め自然に土鍋が冷めるまで
   置いておきます。

4. 完全に土鍋が冷めてからきれいに水洗いします。

5. 風通しの良いところで乾燥させます。
    直接火にかけ空焚きしたりしないでください。
    破損の原因となります。


 土鍋を使った後の洗浄と乾燥で次回も美味しい
 お鍋を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク






nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 1

らしゅえいむ

土鍋も「貫入」ですか。
ブラタモリの富士山編でも、(金沢編でも?)、
「貫入」が登場しました。
by らしゅえいむ (2015-11-14 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました